産婦人科 – 日本にお住まいで、ラッフルズホスピタルでのお産をお考えの方へ

産婦人科

ラッフルズホスピタルでのお産のご案内


事前にお電話で診察のご予約をお願いします。
+65-6311-1190(日本語ライン)

シンガポールへお持ちいただくもの

  • 現在おかかりの病院の紹介状(日本語可)
  • 母子手帳(日本のもので可)
  • いままでの検査結果
  • 戸籍謄本
    →赤ちゃんの出生証明の手続きに、ご夫婦の婚姻証明書(英語)が必要になります。戸籍謄本(発行から3ヶ月以内のもの)を在シンガポール日本大使館にお持ちいただくと、即日発行してもらえます。

来星時期

28週くらいまでに受診していただくことをお願いしています。
当院では36週以降はローカル医師と日本人医師の二人体制になります。
パッケージB購入時に、出産予約をいたします。

妊婦パッケージA:$1,100(妊娠12週から27週)
妊婦パッケージB:$2,700(妊娠28週から産後1ヶ月検診まで)
パッケージでない場合:1回の検診料$200前後(診察料、超音波検査、血圧、尿検査)
料金はシンガポールドル・別途消費税がかかります。

入院分娩費用

普通分娩2泊3日(無痛分娩・LDRおよび個室利用)の場合、総額で$10,000~$12,000
料金はシンガポールドル・別途消費税がかかります。

  • 介助分娩、帝王切開、時間外分娩、追加検査、処方薬、消耗物品、早産・合併症の治療などは別途追加費用がかかります。
  • ハイリスク妊娠の方(多胎妊娠、前置胎盤、3回目以上の帝王切開、妊娠高血圧など)は、パッケージ料金は適応になりません。事前にご相談ください。
  • 自然分娩も選択できます。
  •  上記料金ご案内は現時点のもので、将来予告なく改定となる場合があります。

入院時にお持ちいただくもの

  • ご本人のパスポート・ICカード
  • ご主人のパスポート・ICカード
  • 在シンガポール日本大使館発行の婚姻証明書
  • 母子手帳
  • 入院指示書(分娩が決まったとき、医師よりお渡しします。)
  • 洗面道具
  • 眼鏡(普段コンタクトレンズ使用の方も含む。)
  • 赤ちゃんの服(退院時に着る服)
  • 上に羽織るもの(カーディガン等)
  • スリッパ(個室入院の方は部屋にあります。)

あると便利なもの

  • 母乳パット
  • 赤ちゃん用ミトン(顔をひっかかないように。)
  • 授乳用ブラジャー
  • 前開きのパジャマ(入院着は支給されます。)

入院中支給されるもの

赤ちゃん用肌着、紙オムツ、お尻拭き、ミルク、産褥用ナプキン 、バスタオル、お母さんの入院着、歯ブラシなどの洗面トラベルセット

出生登録(Birth Registration)

シンガポールで生まれた赤ちゃんは14日以内に出生登録が必要です。
シンガポールの入管法により、外国人は出生42日以内にパスポートが必要なため、できるだけ早く登録を済まされることをお勧めします。
必要な書類をお持ちの上、ビジネスオフィスでお手続き下さい。
(平日9:00~16:00、土曜日9:00~12:00、日曜日・祝日 休み)

日本側の出生届手続きや、パスポート申請については在シンガポール日本大使館のホームページをご参照下さい。

 ご予約はお電話でのみ承ります
(65) 6311-1190[本院]
分院はこちら

 診療科目や診断書・証明書作成などについて