糖尿病の診断
2022年9月20日
不正出血
2022年10月11日

歯が折れたら...

皆さんは日常的にスポーツや運動をしますか。球技のボールが顎顔面に当たったり、体を激しく動かしたときに歯に衝撃が加わったり、転倒して歯を傷めることがよくあります。歯の受傷は突然起きることが多いので、心の準備が無いままトラブルに巻き込まれてしまいます。
歯の損傷は衝撃の強さと加わる方向によって異なります。亀裂程度の軽いものから、細かい割れ目のようなひび、完全に折れてしまうようなものまであります。これらは歯の破折です。
衝撃の強さによっては、歯を支えている歯槽骨から歯が浮き上がったり、逆にめり込んだりすることもあります。つまり、脱臼です。

亀裂やひびの場合は経過観察する場合もありますが、歯が完全に折れてしまった場合は治療が必要になります。歯が折れている場所によって治療法が変わってきます。コンポジットレジンという材料で歯の形を復元したり、差し歯を作製するなどして原状回復を目指します。ただし破折の場所が歯根部の深いところにあると、歯を残せない場合もあります。脱臼の場合には、歯を元の位置に戻してボンドで固定します。

ケガで前歯が完全に折れてしまうと、気が動転して精神的にも非常に落ち込むものです。治療が必要でもどこで相談したらよいか不安になることでしょう。そんな時には勝手知ったるかかりつけの歯科があれば相談しやすいと思います。お口の管理をしてくれるかかりつけの歯科を見つけて、日頃から定期的に通われることをお勧めします。

医師 畑 茂