歴史上の心療内科患者さん 西郷隆盛
2021年4月27日

シンガポールの外食で気を付けること

手軽に色々なメニューが楽しめるホーカーが世界文化遺産になってしばらく経ちますが、外食で邦人が気を付けたほうがいいことはなんでしょうか?

まず各ストールがシンガポール食品庁の衛生基準でAとかBとかグレーディングされているので、参考にしてみてください。食品庁の検査で85%クリアしているとグレードAのようです。
シンガポールではビールに飲用の氷を使って飲むことがありますが、やはり一定のリスクがあります。
食物アレルギーにも注意が必要です。エビやピーナッツが分からない形で利用されていることもありますし、調理の際に混入のリスクもあります。

ホーカーでのことではありませんが、生ガキで胃腸炎になる方は多く、また、日本では食べられなくなったユッケがシンガポールでは食べることができますが、自己責任になります。
英国では妊婦さんが生食可能な鶏卵の販売が始まっていますが、生食向けに処理された鶏卵であれば、健康リスクは相当に低いと考えられます。

医師 林 啓一